結婚式のドレス姿でウェディングブーケを持つのは
昔からの定番スタイル。

最近では、和装の御着物でブーケを持たれる方が多いです。

和装のブーケで似合うスタイルは、なかなか難しいですが
やはり一番人気は「ボールブーケ」です。

丸い形の手提げタイプのブーケです。

丸い形は、とっても縁起がよさそうですね。
よく酒蔵の軒先につるされている「酒林」の様なイメージとして和装のボールブーケも人気があるのでは・・と思います。
酒林は、酒蔵で新種ができたよ。とうい合図らしいです。

杉の葉(穂先)を集めて丸く作られます。
最初は緑色ですが、時間が経つとともに、茶色に変わってゆきます。
それが、お酒の熟成具合を知らせるこになっているとか・・・

少し話がそれましたが

ウェディングブーケ倶楽部のブーケは、全て枯れないお花=造花でお作りしています。
ボールブーケを造花にするといいメリット。
生花の場合だと、ボール状に仕上げるには大量のお花を必要とします。
枯れないように、ボールの中心には、水を含ませた吸水性スポンジを使います。
水を含ませたスポンジはとっても重たい!
それと、使用するお衣装がドレスより数倍高価なお着物です。しかも、白無垢、色打掛とかなり高価なお衣装を
吸水性スポンジのお水や、お花の花粉で汚してしまうと思うと、生花のブーケを持つのは
ちょっと心配・・・という方も多いです。

そこで、造花のボールブーケを和装のウェディングに使用なら、この様な心配がいらないので
安心ですね(^_^)

それと、使用後も、ボールブーケをお部屋のインテリアに飾るのも、とってもお洒落です。

次に和装のブーケに合うお花・・・
マム(菊)や、ダリアにするとお着物姿の花嫁様にぴったりな雰囲気に仕上がります。

和装ボールブーケ
SKB032:ボールブーケ

赤いお着物に、白のマムや可愛いマーガレットをメインに赤のお花を入れて紅白に。
少しグレイッシュなピンクのマムで落ち着いた雰囲気にしてみました。
色の取り合わせってなかなか難しいものです。
赤と白だけだと、単純に「おめでたい」だけで終わってしまいそうなブーケも
少しピンク系を入れることで、花嫁様の可愛らしさをさりげなく演出できます。

 

こちらのブーケは、青い打掛に合わせてオーダーメイドでご注文頂いたボールブーケです。

SKB145:ボールブーケ
SKB145:ボールブーケ
和装ボールブーケ
SKB145:ボールブーケ

マムやダリアを中心に、洋装の赤いミニバラでメリハリをつけました。
華やかな御着物には、カラフルなお色の取り合わせのほうが、映える気がします。

ゴールドの組紐にもこだわられました。
お洒落度がUPして正解でしたね。

 

 

 

ボールブーケ
skb83:ボールブーケ

深紅のマムとピンク色のダリアが印象的なボールブーケです。
鮮やかな黄緑色のマムが爽やかな雰囲気にしてくれます。
ナチュラルカラーは、どんなお色でも相性がいいので、お勧めです。

 

ボールブーケ以外ですと
面の大きなお花=カサブランカとかを持たれる花嫁様もいらっしゃいます。

a-3-2

小さなお花だと、やはりお衣装に負けてしまうので
大きなお花で印象的に!
ヘアにもカサブランカを付けて、和と洋のギャップがお洒落ですね。

そういえば、沢尻エリカさんが
白無垢姿の時に、大きなカサブランカをヘアに付けられていたのが印象的でしたね。

 

和装のブーケのご相談はお気軽にお待ちしています♪→ウェディングブーケ倶楽部へ

 

和装にピッタリの造花ブーケの理由
Pocket

Tagged on: