ブーケデザイナーを目指す!Lesson8キャスケードブーケ(ワイヤリング編)

ブーケデザイナーを目指す!「基礎技術習得コース」のレッスン8。

今回のテーマは

ワイヤリング手法を使ったキャスケードブーケです。

ワイヤリングのキャスケードブーケ

 

キャスケードブーケは、かなり難関です。
基礎力に加えて『イメージ力』が大事になってきます。

 

 

ブーケ作りは下準備から

 

ワイヤリングという手法は、花1輪1輪にお花専用のワイヤーをつけて
その後、お花専用のテープで巻いていきます。

 

これらの花材すべてにワイヤーをかけていきます。

花材

 

キャスケードブーケになると、花の量も多いので地道な作業になりますが、
単純作業なので”無心”のゾーンに入れるので、私は個人的に好きですよ☺

 

レッスン生さんも頑張って頂きました。

ワイヤリングの作業風景

今回の花材は、大き目のダリアをメインに、ラナンキュラスや紫陽花、小花、グリーンの葉にチラ見せ効果のある
アジアンタムの葉をセレクトさせて頂きました。

お色は大人っぽい紫系をメインにしていますが
鮮やかなグリーンの緑色を少し入れることで
暗いイメージにならずに、爽やかなウェディングシーンにもピッタリな
大人花嫁のキャスケードブーケになります。

花材紹介

 

ブーケ組み立て作業

 

すべてのお花にワイヤリング、テーピング作業が済んだら
いよいよブーケの組み立てになります。

 

今回も、キャスケードブーケの設計図を見ながら、基本のお花を配置して
空間を埋めるように、花を組んでいきます。

キャスケードブーケは、下に垂れるフォルムなので
垂れるガーランド部分と上部の部分を別々に作り
合体させます。

ブーケ組み立て1

 

合体が難しいですね。
出来上がりをイメージしながらの作業になります。

 

本当に『イメージ力』大事です!

 

ブーケ組み立て2

 

大きな作品なので、お時間も掛かりますが
仕上がった時の感動も大きいと思いますよ。

 

すてきなブーケに仕上がりました!

仕上がったキャスケードブーケ

 

 

キャスケードブーケは難しいので、今後の課題もありますが
『理論とコツ』をご理解頂ければ
あとは、練習あるのみ!です。

 

今回レッスン生さんが作られた作品です。
初めてのワイヤリング・キャスケードブーケ作品です。

今までの、ラウンドブーケ等のレッスンの成果も見ることができます。

ワイヤリングのキャスケードブーケ

花材紹介

 

 

お花が大好きなレッスン生さん。
とてもキラキラしていてステキな女性です。

 

 

 

>ウェディングブーケに関するお問合せ

ウェディングブーケに関するお問合せ

『運命のブーケ』に出会うため。全ての花嫁様に”自分らしく”幸せを感じて欲しいと思っています。花歴20年のブーケデザイナーがあなたに寄り添い晴れの日のお手伝いをしたいと思っています。些細な事でも結構です。お気軽にお問合せ下さいませ。

CTR IMG