プロを目指すレッスン②ブーケホルダーで作るラウンドブーケ(生花)

プロを目指す。「ブーケデザイナー基礎技術習得コース」のレッスン2は、

ブーケホルダーを使って作る丸い形のラウンドブーケです。

生花のラウンドブーケ
研究生さんの作品

丸い形のラウンドブーケは基本中の基本。
前回も同じラウンドブーケを作りましたが、ワイヤリングという手法でのレッスンでした。

 

今回はブーケホルダーで作るブーケです。

ブーケホルダーとは、お花を挿していく、スポンジが付いた土台です。

生花用の水を吸い込む「吸水性スポンジ」が付いたものや
ドライフラワーや造花向けのスポンジが付いたものがあります。
スポンジが付いた土台も、まっすぐ上を向くタイプ、少し斜めに角度が付いたタイプがあります。

私は、挙式当日忙しい花嫁様がブーケを持った時に、必ず花向きが正面を向く斜めに角度の付いたブーケホルダー使用しています。
スポンジ部分は、生花用の吸水性のあるものと、ドライフラワー用のスポンジが少し固めのものがあります。

ブーケ作りの道具については⇩こちらをご参考にしてください。

ブーケ作りの為の道具について①

生花で作るラウンドブーケ

生花を使ってのブーケレッスンなので、ブーケホルダーは生花用の吸水性スポンジの付いたものを使います。

初心者の方でも分かりやすく、まずは

・ブーケホルダーへの水の含ませ方と、水がスポンジに吸水できたタイミング等の解説。

・ブーケホルダーを解体して、ホルダーの中がどんな仕組みになっているのか、吸水性スポンジの取り替え方法も説明。

・初めてのラウンドブーケ作りに最適なお花についても説明しています。

バラとカーネーション

今回ご用意したバラは、大人っぽい色合いのヤギパープルとテナチュール、他にスカビオサやカーネーション、グリーンの葉にピットスポラムをセレクトしました。

ステップバイステップ。
少しづつ着実に。
をモットーにしているので、
初心者の方が難しい花材から初めると、ブーケ作りが楽しくなくなってしまうので、これらの花材にさせて頂きました。
市場で私が直接仕入れてきた花材なので、新鮮です。なので、まだどちらかということ5分咲状態。
冬のレッスンなので、帰宅後1週間は、確実に何度も、この花材を使って繰り返し練習ができますね(^_^)
ラウンドブーケの設計図を見ながらの、丸い形をイメージしながら作って頂きます。
ブーケ作り
丸い形のラウンドブーケの出来上がりです。
ラウンドブーケ出来上がり
次回は、花冠レッスンになります。
ご一緒に頑張りましょう♪

マンツーマンのレッスンなので、ブーケ研究生さんたちと
真剣に向き合いレクチャーさせて頂きたいと思っています。

ありがとうございました。

 

『ブーケデザイナー基礎技術習得コース』にご興味のある方は⇩こちらです。

ブーケデザイナー基礎技術習得コース

ブーケに特化したフラワーデザイナーコース

>ウェディングブーケに関するお問合せ

ウェディングブーケに関するお問合せ

『運命のブーケ』に出会うため。全ての花嫁様に”自分らしく”幸せを感じて欲しいと思っています。花歴20年のブーケデザイナーがあなたに寄り添い晴れの日のお手伝いをしたいと思っています。些細な事でも結構です。お気軽にお問合せ下さいませ。

CTR IMG