ウェディングブーケ専門店(プリザーブドフラワー・造花)手作りブーケ教室・製作販売

3種類のブーケ製作方法

ブーケ製作にあたって花材やデザインにより、ブーケの作り方は異なります。
大きく分けて3つのブーケ製作方法があります。

ブーケホルダーで作る方法

『ブーケホルダー』という土台を使った製作方法をお教えします。
最もポピュラーで基本的な作り方なので、まずはこれをしっかりと学んでください。

ブーケホルダーBタイプ

ブーケホルダーとは持ち手部分のある先端に、花材を挿すためのスポンジが付いています。この小さな土台に、お花を挿していく手法となります。

ホルダーは、ハート型やバックタイプ、ボールタイプのものと色々デザインに合わせて
メーカーよりだされています。
ブーケホルダー(ハート) ブーケホルダー(バッグ ブーケホルダー(ボール)

ワイヤリングで作る方法

花材を全て花首だけの状態にして、すべてのお花や葉に、ワイヤーを掛けてテープで巻く下準備をしてから、お好みのブーケデザインに各パーツを組んでいく方法です。
ワイヤリングのバラワイヤリングのアジサイ

ワイヤリングブーケ
最近人気のプリザーブドフラワーの花材を使用したブーケ作りではワイヤリングが必要となります。

生花のブーケでは、ブーケトスを希望される花嫁様には、生花をワイヤリングしたブーケをご用意してあげてくださいね。
ブーケホルダーのブーケだと、ブーケを投げたあとの衝撃で、お花が抜け落ちる危険性があるからです。

束ねて作る方法

花束風のクラッチブーケやアームブーケでは、ブーケホルダーやワイヤーを使用せずに花材を束ねるスタイルで作る方法です。
花茎を見せてナチュラル感ある雰囲気を好む花嫁様に最適です。

クラッチブーケ
プリザーブドフラワーのクラッチブーケ
バラのクラッチブーケ
【造花/シルクフラワー】
SKB186:クラッチブーケ

これらの基本の3つの製作方法は、花嫁様の希望されるデザインや結婚式のシチュエーションに合わせて、作ってあげてくださいね。


些細なことでも結構です。ご不明な点等ございましたらお気軽にメールくださいませ(^_^)

問い合わせる

>ウェディングブーケに関するお問合せ

ウェディングブーケに関するお問合せ

『運命のブーケ』に出会うため。全ての花嫁様に”自分らしく”幸せを感じて欲しいと思っています。花歴20年のブーケデザイナーがあなたに寄り添い晴れの日のお手伝いをしたいと思っています。些細な事でも結構です。お気軽にお問合せ下さいませ。

CTR IMG