ウェディングブーケ専門店(プリザーブドフラワー・造花)手作りブーケ教室・製作販売

ブーケ作りの為の道具について①

造花やプリザーブドフラワーのブーケ作りに必要な道具について説明をします。

ブーケホルダーについて

ブーケホルダーとは、お花を挿していく、スポンジが付いた土台です。

ブーケホルダー
生花用の水を吸い込む「吸水性スポンジ」が付いたものや
ドライフラワーや造花向けのスポンジが付いたものがあります。
スポンジが付いた土台も、まっすぐ上を向くタイプ、少し斜めに角度が付いたタイプがあります。

私は、挙式当日忙しい花嫁様がブーケを持った時に、必ず花向きが正面を向く斜めに角度の付いたブーケホルダー使用しています。
スポンジ部分は、生花用の吸水性のあるものと、ドライフラワー用のスポンジが少し固めのものがあります。

私はドライタイプのものではなく、吸水性のスポンジが付いた生花用のホルダーを使うことが多いです。
スポンジのタイプはお好みですが、生花用のスポンジが付いたホルダーのほうが
個人的に、花を挿しやすく感じます。

枯れないお花(造花やプリザーブドフラワー)でブーケホルダーを使用する場合は、両方を使ってみてお好みのものを使用すればいいと思いますよ。

ブーケスタンド

ブーケホルダーを固定するためのものです。

ブーケスタンド

ハサミとペンチ

造花の茎の部分の中心には、太いワイヤーが入っているものが殆どです。
ワイヤーを切ることのできる、ハサミとペンチをご用意ください。
手や指を切ったり挟んだり、けがをしないように注意してお取り扱い下さい。

花用はさみとペンチ

 

ボンド・低温グルースティック

お花専用のボンドです。

グルースティック速乾花用ボンド

ブーケ作りはブーケホルダーの直径7cmほどの小さな土台にお花を沢山挿します。
花嫁様がバージンロードを歩いている最中に、ブーケのお花がポロリと落ちてしまわない為に、ボンドでしっかりと留める為に使用します。

製作をしながら、ボンドで留めていくので、速乾性のあるボンドをご用意ください。
低温のグルーガンとスティック か お花専用の速乾ボンドです。

低温用グルーガン

工作や手芸などで使うスティック状の樹脂を溶かして接着する道具です
低温用と高温用があります。

グルーガン

グルーガンは、取り扱いに注意が必要です。

・高温注意
作業中は、ノズルやその周辺部が高温になるので火傷に十分ご注意ください)
熱いノズルやグルーに触れた場合は、冷水で冷やし医師に診せてください。
・ 危険
電源に挿し込んでから約5分くらいして十分に加熱してからお使い下さい。
グルーが解けていない状態で使用したり、無理に引き金を引くと内部に負担がかかり損傷の原因となります。使用中は安全のためその場から離れないようにしてください。
収納されるときは、ノズルを下向きにして温度が完全に下がるまでお待ちください。

その他、ご購入されたグルーガンの取り扱い説明書をご覧になり注意して使用してください。

 

↓こちらもご参考にしてください。

ブーケ作りの為の道具について②

>ウェディングブーケに関するお問合せ

ウェディングブーケに関するお問合せ

『運命のブーケ』に出会うため。全ての花嫁様に”自分らしく”幸せを感じて欲しいと思っています。花歴20年のブーケデザイナーがあなたに寄り添い晴れの日のお手伝いをしたいと思っています。些細な事でも結構です。お気軽にお問合せ下さいませ。

CTR IMG