プリザーブドフラワーのブーケ専用ワイヤリング方法

プリザーブドフラワーを使って、ウェディングブーケを手作りしようと考えている方にお伝えしたいコラムです。

花嫁様を気遣うブーケを作りましょう♪

レッスンブーケ2

プリザーブドフラワーを使ってブーケを作る時、必ず”ワイヤリング”という作業が必要となってきます。

プリザーブドフラワーというのは、生花を特殊加工する為に花首だけにして、染色されています。

プリザーブドフラワー花首

一番ポピュラーなバラの場合、こんな風に、茎の部分は1cmだけです。

これに、茎となる部分をお花専用のワイヤーと緑色テープで作っていく作業が必要となります。

これを「ワイヤリング」と言います。

ブーケレッスン風景2

やり方は、色々です。各自プロのデザイナーや先生によって、やり方は少しづつですが違います。
どれが正解!という訳ではないのですが
結婚式で使うウェディングブーケを花嫁様にお作りするときに、絶対にやってはいけない事。

それは、「花首がポロリと落ちてしまうこと」です。

想像してください。バージンロードを歩く花嫁様が歩いた後ろに
ウェディングブーケのバラの花首がポロリと落とし物・・・・

悲しすぎますね。

そこで手作りブーケをDIYしようする方に動画を使ってご紹介です。

 

※動画が見れない方は ウェディングブーケの作り方 を参考にしてください。

この様に、必ず、茎の部分だけでなく、バラの花弁本体にもワイヤーを通してあげてください。

これが、ウェディングブーケではなく、器に飾る「フラワーアレンジメント」であれば
テーブルの上に飾るだけで、動くこともないので
茎の部分だけのワイヤーでもいいかもしれません。(ちなみに私は、フラワーアレンジメントでも、ブーケと同じ手法にします)

しかし、花嫁様が持つブーケ。

花嫁
挙式当日、花嫁様はとっても忙しく、ブーケを持って、動き回ります。
そのブーケも、花嫁ご本人だけが、持つのではなく、挙式会場のスタッフに預かってもらったり、
高砂席に置いたりと、花嫁自身が記憶にもないシーンが沢山あります。
(挙式当日は、みんなバタバタなので、悲しいですが、ブーケは結構雑に扱われます(+_+))

だから、花嫁様のことを一番に思うなら、そんな忙しい花嫁様を気遣うブーケを作りたいものですね(^_^)

プリザーブドフラワーには、ガーベラ、アジサイ、蘭、スカビオサ等最近では色々なお花の種類が増えてきました。

各お花のブーケ専用ワイヤリング方法を、またご紹介してゆきたいと思っています。

 

ブーケをご自分で作ってみたい!でも、ちょっと不安…という方は
プリザーブドフラワーの手作りブーケ教室もやっています。
場所は、大阪北摂の豊中にあるアトリエです。大阪中心の梅田、伊丹空港からも便利なアクセス。
↓↓お気軽にお問合せくださいませ。↓↓
手作りブーケ教室の案内

レッスン風景3 レッスン風景1

 

 

ブーケ専用・ワイヤリングを動画で紹介。
Pocket