プリザーブドフラワーのブーケに関する「よくある質問」

 

プリザーブドフラワーは生花の様にみずみずしく色鮮やかなお花です。
生花を特殊加工して、お色は染色をしています。生花にはない夢の青いバラもございます。
加工しているので、もちろん「水やりは不要」です。
  もともと、フランスで20年以上前に作られて欧米で流行、日本に紹介されたお花です。

プリザーブドフラワーは、高温多湿と直射日光を嫌います。
その様な状況下に長時間あると、劣化やお色の退色のすすみが早くなります。
そして、繊細なお花なので、衝撃に弱いです。強い衝撃があると、花びらが割れることもございます。

通常一般的に、3~5年ほどと言われていますが、これは、湿気の少ない欧米を基本としたものです。
置かれる場所や地域によって、コンディションは変わってきますので
当店は、何年という言及は控えさせて頂いています。

特殊加工をして、枯れないの、生花より長く楽しめる♪と思って頂いたほうが安心だと思います。
ブーケとしてお使いになるのであれば、なおさら
前撮りと挙式、そして、挙式後のインテリアとして、楽しめる。と思ってください。

生花を特殊加工しているので、枯れる心配がない ので、挙式、前撮り、2次会と一つのブーケで何回もあなたが選んだ、素敵なウェディングドレスにピッタリのデザインブーケを持つことができます。
特に、夏の暑い時期や、冬の結婚式でも、暖房でとても暑くなった会場では、生花だと「萎れてしまう・・・」という心配から解放されます。すなわち、挙式当日、思い切り、花嫁様自身が楽しめる♪というこです。

お色は染色しているので、お好みのお色は指定して、ブーケをお作りできます。生花だと、希望のお色をお花屋さんにリクエストしていても、お式前日の市場での仕入れの状況によっては、農家さんから入荷しない場合もございます。その場合は、代案のお花での製作になってしまい、挙式当日、その事実を知ることになる花嫁様はとっても、残念な思いをしてしまいます。

プリザーブドフラワーは高温多湿と直射日光を嫌います。その様な状況下に長時間あると、お色の退色、劣化等々になります。
特殊加工しているので、衝撃に弱く、壊れやすいです。なので、ブーケトスはお勧めできません

お色は染色しています。濃いお色のお花を選ばれると色移りするので、お衣装を汚さないように気をつけてください。
あと、濃いお色と薄いお色のお花の組み合わせにすると、濃いお色がお隣の薄いお色の花弁に少し色移りします。

特別な技法で加工しているので、御値段は高価になってしまいます。ただ、前撮り、挙式、2次会と使えるのであれば、お得という考えもありますね。

ウェディングブーケをご購入の場合は、ブートニアを無料サービスしています。
※花冠やリスレット等のアクセサリー系にはブートニアは付きません。

理想は遅くとも1か月前までにご依頼頂ければと思います。

納期が短い場合は、ご入り用の日までに、花材の調達ができればお承りできる場合もございますので
まずは、お気軽にお問い合わせくださいませ。

もちろん、お好きなお色をお聞きしてから、花材調達をしています。

当店は、通販専門店ですので、まずは、ご依頼を頂いた花嫁様に、ブーケ内容(商品内容に間違いがないか。宅配業者さんの配送中のトラブル等で事故は無いか等)をご確認頂きたいと思っているのでご使用の1か月から2週間くらい前までに、花嫁様のご住所へ発送ています。

上記の内容をご理解頂いたうえで、どうしても式場に直送をご希望の場合は、お承りしています。

お手元に届いてから、ご使用までは、直射日光の当たらない、湿気の少ないお部屋で、お届けした、ブーケボックスにお入れして大切に保管してください。

プリザーブドフラワーは生花を特殊加工したお花です。お国によっては、持ち込み不可であったり、入国の際に、面倒な植物検査を求められる場合もありますので、前もって、必ず、航空会社や観光局にご確認くださいませ。

ガーベラ、カーネーション、蘭、マム(菊)、アジサイ、百日草、カサブランカ、プルメリア、カラー等等。

プリザーブドフラワーが日本に初めて入ってきた20年前は、バラとカーネーションくらいでしたが、最近色々増えました。
ただ、私の”デザイナー目線”で、このお花はプリザーブドフラワーでは、あまり美しくないとか、使わないほうがいいと思う花材もあるので
そういったものは、花嫁様に喜んで頂くためにも、あえて使わないようにしている花材もあります。

まずは、ご相談フォームかメールから、イメージされているブーケ番号かお写真を添付メールくださいませ。
お見積りさせて頂きます。

オーダーメイドは、花嫁様のブーケのご意向を理解するにもお時間が掛かる場合ございますので、なるべくお早目がよろしいかと思います。

>>ご相談フォーム

挙式後は、プリザーブドフラワーのブーケをお部屋のインテリアとして、ぜひとも楽しんで頂きたいです。
お気に入りの花瓶やスタンドに挿して、リビングや玄関を飾ってください。

直射日光があたったり、湿気の多いところは避けてくださいね。

プリザーブドフラワーは、劣化避けることはできません。なので、それまで、思いっきりお部屋で楽しんでくださいね。

ごめんなさい。生花からプリザーブドフラワーを加工する作業は、私はしていません。
理由は、やはり、専門の高度な技術があって、それを、市場にだしている方もいらっしゃいます。
素人が、それを、やったとしても、あまり綺麗なものには、ならないと思っているからです。

私ができることは、最高の素材を厳選して、花嫁様の思い描くデザインブーケをお作りすることだと思っているからです。

>>>プリザーブドフラワーブーケのご案内

 そのほかにも、何かご不明点ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

お見積り・相談

Pocket