ブーケ作り方講座:バラのワイヤリングでのご注意

プリザーブドフラワーのブーケ製作初心者の方・花嫁様に少しでも素敵なブーケを作って頂きたくてお届けします。

花嫁DIY

プリザーブドフラワーのワイヤリング方法は、お花の種類によって違います。

そして、デザイナーさんによってもやり方は違います。

私のブーケ専用のワイヤリング方法は プリザーブドフラワーのブーケ専用ワイヤリング方法 でもご紹介している通り
バラであれば、1cmくらい残っているバラ本体の茎部分に太目のお花専用ワイヤーであれる22番のシルバーワイヤーを
最初に1本通りして、次に花びら部分に少し細めのシルバーワイヤー24番を通す方法です。

デザイナーさんによっては下の写真の様に

クロスワイヤリング(バラ)

バラの花弁部分にクロス(十字)になるように、お花専用シルバーワイヤーを2本通す方もいらっしゃるようです。

この手法は間違いではないです。

では、「なぜ私は、この手法を使わないのか」

答えは、この次の作業に秘密があります。

私は、プリザーブドフラワーのバラを、ワイヤリング作業の後に、1輪づつ丁寧に咲き開かせる作業をします。
繊細な花びらを優しく優しく手間をかけて開かせます。

この作業をするときに
花弁本体に2本のワイヤーが通っていると”キレイ”に咲き開かせることが難しくなるからです。

作業風景の動画をご紹介。

この様に、グルーガンを使用して、開かせてゆきます。

 

※その他、プリザーブドフラワーのブーケ製作工程全作業を動画でご紹介

 

ブーケで使用する全てのお花に手を加えます。
作業する段階で、ブーケで使用するバラの位置によっても開き方を変えます。
全て、同じ開き方をすると「ナチュラルさ」から遠のくこともあるので。

正面の一番目につく位置のフォーカルポイントのお花は一番きれいにバラを開かせます。そして大きく、華やかに。

※フォーカルポイントとは、作品の真ん中で中心となり、一番目につく位置。

サイドのラインの基礎となる4つのポイントは大きく開きすぎると、形が崩れる原因になるので、これも注意して下さいね。

様々ことに注意しながら素敵なブーケを作ってください。

1人でブーケを作ることが心配・・・不安・・・な方は

プリザーブドフラワーの手作りブーケ教室も開催しています。

1人で悩まずご一緒にお作りしましょう。

花嫁の花冠

素敵な花嫁になるために・・・(^^♪

バラのワイヤリング:手作りブーケ講座
Pocket