芍薬ブーケ!  想像するだけで綺麗で素敵ですね。

芍薬の花の季節は5月から6月でこの時期には花屋の店頭にもたくさんいろんな

種類の芍薬が並んでいます。

真ん丸のつぼみからたくさんの花びらが開くとそれはそれはボリュームのある

豪華な花になります。

ピンクの芍薬ブーケ

そんな芍薬ブーケを自分の結婚式で持ってみたいという女性も多いのでは

ないでしょうか。

しかし!!芍薬の季節は限られています。

秋や冬に挙式をするのだけど、どうしても芍薬ブーケを持ちたい!という場合、

そんな時に大活躍するのが「造花」です。

「え?造花?」「作り物ってあんまり・・・」とおっしゃる方もいっらっしゃるかもしれませんが

最近の造花の精巧なことといったら、花屋で勤めている人間でさえも、見ただけでは

本物かどうかわからないほどで、花びらを触ってみてやっと造花とわかるくらいのものも

多数あります。

色も薄い色から濃い色までいろいろあるので同じ色でまとめてみても良いですし、

濃淡を混ぜても美しい芍薬ブーケができることでしょう。

それに、芍薬は開き具合も難しく、せっかく良い花を仕入れて来ても挙式の日に完全に

開花していなかったり、または開きすぎていたり、最高の状態でブーケにするのも

結構難しいのです。

そんな悩みも造花は解決してくれます。

また、遠方で挙式をする為、イメージ通りに芍薬ブーケを作ってくれるお花屋さんが

無い場合も造花のブーケなら大丈夫です。

傷まないし、持ち運びにも生花ほど気を使わなくても良いのです。

ほら、造花って意外といいことばかりですよね!

まだありました、良いことが!!

造花なら枯れないので、挙式で持ったお気に入りの芍薬ブーケをそのままの状態で

置いておけることです。

生花だとそうはいきませんよね。

一生の思い出を大切に取っておけるなんて素敵なことです。

今では、芍薬の香りのオーデコロンも出ています。

フランスのメーカーのものですが、とても上品な良い香りですので、造花なら

軽くコロンをふってみるとますます魅力的な芍薬ブーケになるのではないでしょうか?

いかがですか?少しは造花に対する不安はなくなったでしょうか。

是非、選択肢のひとつに造花を。。。それも芍薬ブーケをいれてみてはいかがでしょうか?

wbc2

お気軽にブーケご相談お待ちしています>> ウェディングブーケ倶楽部

造花の芍薬ブーケなら一年中もてる
Pocket

Tagged on: